田舎に住む育児奮闘中の主婦が資産運用しながら貯蓄・貯金に励むブログ

リスク資産運用からお得なお買い物まで等身大主婦のお金に関するブログです。

クラウドクレジットまさかの20%越えの利回り達成。予定より10%以上もの利回りのワケはアレだった!

f:id:chip600219840228:20170313014615p:plain

こんばんは、みにぃです。

 

最近は下の子デールがイヤイヤ期に突入したらしく、何でもかんでも「イヤっ!(プイ(-_-))状態です。「ついに来たか~」ってかんじです。デールにちょっと手こずっている分チップは少しずついい方向に向かって成長し始めました。

「この子は将来どうなるんだー!?」ってくらい手の掛かる子だったのですごくホッとしております。

2人がイヤイヤ状態だとこちらも限界になりそうですが、チップが少しずつお兄ちゃんに成長し始めたんだなぁとしみじみ感じてます。

 

さて、クラウドクレジットの【カメルーン中小企業支援ファンド】が満期を迎えたようでメールが入ってました。そして、その内容に驚愕してしまいました。

 

 

  

クラウドクレジット【カメルーン中小企業支援ファンド】の利回り

メールの内容は、いつもの通り期待利回りを達成して満期を迎えたことについてですが、今回はその後にも一文添えられていました。「ファンド募集時の期待利回りを大きく上回りました」とのこと。

なんと、利回り22%越えです。

 

カメルーン中小企業支援ファンドの基本情報

まずは、この商品についてのデータを以下に示します。

募集期間

2016年7月15日~7月31日

 

運用期間

8月中旬から2月末まで

 

最低投資金額

5万円

 

期待利回り

12%

 

分配方法

満期一括

 

通貨

ユーロ建て

 

 

募集期間内で満額成立しています。運用期間は8月中旬から2月末まで7ヶ月間と短いのも投資しやすい条件の一つですね。

 

 

カメルーン中小企業支援ファンドの満期報告書

 次に満期報告書を抜粋してみました。

 

投資資金総額                    :5,550,000円 

=== 運用開始時の状況 ===

子会社貸付実行日                 :2016年8月15日 

子会社貸付金額                  :EUR 49,036.93 

適用直物EURJPYレート       :113.18

適用先物EURJPYレート       :該当なし

子会社貸付期間         :2016年8月15日から2017年2月25日 

資金運用日数               :194日 

子会社貸付金利(年利)      :14.9% 

 

=== 運用終了時の状況 ===

予定子会社返済利息額              :EUR 3,883.46

実現子会社返済利息額              :EUR 3,883.46

運用目標達成率                 :100.0%

実現元利金返済額                    :EUR 49,036.93

子会社負担外為両替手数料   :EUR 155.19

出資者返済原資                 :EUR 52,920.39 

適用直物EURJPYレート           :118.46

運用手数料                           :JPY 22,755.-

円貨換算出資者返済原資         :JPY 6,246,194.-

ファンドの実現収益率              :22.0%(計算期間:2016年7月31日~2017年3月5日) 

募集時期待利回り            :13.0%(計算期間:2016年7月31日~2017年3月5日)

 

 
ファンドの実現収益率が22%となっています。(ピンク色にしている箇所↑)みにぃはこのファンドには投資しておりませんので、実際22%の利回り分を償還してもらったのかは定かではありません。しかし、投資金額が大きくなればなるほど1%というのは大きいです。
 
例えば5万円の1%の金利は500円ですが、50万円だと5千円になります。
それが予定利回りより10%近く上回っているとなると・・・すごいですよね。
 
 この商品の利回りを上げた要因はこの満期報告書を見れば分かります。それは為替損益です。
 
 

 海外投資にはつきものの為替損益

為替損益というとFXを思い浮かべますが、海外に投資する以上はどんな投資方法でも関係します。

 バランスファンドであるセゾン投信だって、海外の株や債券に投資しているので為替のリスクはあります。

日本国の株や債券以外を購入する場合は、為替損益のリスクも考慮しないといけません。為替損益が怖いと思うなら世界中への分散投資は出来ません。

(ただし、為替ヘッジつきというファンドを選ぶと為替損益のリスクを減らすことが出来ます。その分利回りは為替ヘッジなしよりは劣ります。)

 

さて、この【カメルーン中小企業支援ファンド】ですが、運用開始時は日本とユーロのレートが113円くらいだったのですが、運用終了時は118円くらいまで上がってます。

 

f:id:chip600219840228:20170313013740p:plain

 
これにより予定利回りを大きく上回ったようですが、この商品に投資した人はラッキーだったですね。 
 
 
運用を開始したのが8月なので、まさかこの半年で為替が円安に傾くことなんて誰が予想できたでしょうか。
 
 

あぁ~みにぃが投資した商品は6月末に償還予定ですが、その頃の為替はどうなってるのでしょう。円安のピークは過ぎたみたいですね。緩やかに下がっていくのでしょうか。そうなるとあまり為替損益での利益はなさそう。

 

ソーシャルレンディングならクラウドクレジット

 

 

 

www.kotsukotsu-money.com

 

www.kotsukotsu-money.com

 

www.kotsukotsu-money.com