田舎に住む育児奮闘中の主婦が資産運用しながら貯蓄・貯金に励むブログ

リスク資産運用からお得なお買い物まで等身大主婦のお金に関するブログです。

iDeCo(確定拠出年金)のポートフォリオの変更のわけ

f:id:chip600219840228:20170214065736p:plain

みにぃです。

 

モーニングスターのファンドの比較にはまってしまっています。そんな事やったって、今後のリターンを100%保障してくれる訳はないのですが、ただただやってて面白いのです。

 

でも、忘れっぽいみにぃは「あれ?このファンドってあのファンドと比べてどうだったけ?」ってなります。

よって、防備録のためにもここに記録しておこうかなと思いました。

 

EXEーi中小型株式ファンドの組み入れを辞めたわけ

今年最初にポートフォリオに組み入れていたEXEーi中小型株式ファンドを辞めました。といっても、確定拠出年金ようでまだ積み立てもしていない状態でしたが(^_^;)

 

理由は簡単で、思ったよりリターンの享受が無かったことです。

 

昨年1年間だけのリターンを見てみると、こうなります。

f:id:chip600219840228:20170214060731p:plain

モーニングスターのファンド比較より抜粋しました。以下同様)

 

EXEーi中小型株式ファンド以外は先進国株式になります。過去数年のデータを見たかったので、新しく加わった「たわら」とか「iFree」は除きました。

 

これを見ると、購入しようって思いますよね?

 

しかし、しかしですよ?これは昨年1年間のデータです。数年前からのデータになると、このようになります。

 

f:id:chip600219840228:20170214061134p:plain

 

がーん(´д`;)

 

外国株式に追いついてないですね。中小企業株は暴落の時との落差が激しいとは聞いてましたが、その分リターンも高くなるのではないの?

それとも、いくら1年間の成績が良くても、暴落の時のマイナスで相殺されることでこのような結果となってしまうのでしょうか・・・。

 

(EXEーi中小型株式ファンドは日本を含む全世界の中小企業のETFに投資していますが、その他は先進国株式のみの投資なので、単純に比較してはいけないのかもしれません。しかし首をひねってしまう結果です)

 

設定時から投資した場合、プラスにはなっています。

f:id:chip600219840228:20170214062652p:plain

http://apl.morningstar.co.jp/webasp/tumizen/chart/chart_2013051303.html

それでも、中小企業株というリスクを負って投資するほどではないのかなと感じました。

 

今度は、新興国株式と比較してみました。

f:id:chip600219840228:20170214063042p:plain

 

今回も、数年前からの比較をしたかったので、新しく設定されたファンドは除いてます。

14、15年は負けてますね(^_^;)その後巻き返してはおり、16年の年末からの差はすごいです。

 

日本株との比較はしておりませんが、日本はここ数年はアベノミクスで登り調子でした。となると、足を引っ張っていたのは新興国株ってことですよね。

 

ただでさえ落差の激しい中小企業への投資に加え、新興国も含まれているのので苦戦したんでしょう。

 

今回、購入を見送りましたが、かなり低い信託報酬(0.35%)に設定されているし、中小企業のETFに投資しているファンドってないので、今後の巻き返しを期待しながら注目していきたいと思います。

 

あのとき投資すればよかった~って後悔するくらいになって欲しいです。