田舎に住む育児奮闘中の主婦が資産運用しながら貯蓄・貯金に励むブログ

リスク資産運用からお得なお買い物まで等身大主婦のお金に関するブログです。

クレジットカードのメリット・デメリットは?メインカードとサブカードのオススメを教えちゃいます。

こんばんは、みにぃです。

いきなりですが、日々の生活費の支払いは現金派ですか?それともクレジットカード派ですか?

 

みにぃは、出来るだけクレジットカードを利用しています。理由はもちろんポイント還元を期待出来るからです。

 

 

みんなどんなクレジットカード使ってるんだろう?なんて気になりませんか。そこで、みにぃの現在使っているクレジットカードをご紹介します。

 

と、その前に、クレジットカードのメリット、デメリットを見ていきましょう。既に使用されている人はすっとばしても構いません。

 

f:id:chip600219840228:20161009112214j:plain

クレジットカードのメリット

 ポイント還元

何てたってポイント還元です。クレジットカードで支払う金額が多くなればなるほどポイントが加算されていき、気づいたらこんなに貯まってた!なんてことになります。思わぬところに転がってきたお小遣い的なかんじです。ちりも積もれば山となります。

 

支払いに困らない

手持ちの現金がない時に支払いが出来ます。どこで何に出会うか分かりません。もし、出先でどうしても必要だったり、欲しいものがあった時に現金を持ち合わせてなかったら、断念せざるを得ないです。しかし、クレジットカードがあれば、大体の店舗で買い物ができちゃいます。

 

クレジットカードのデメリット

その場で引き落とされない

実際の口座振替が一月後または二月後に遅れてしまうことです。クレジットカード会社によって、締め日は違ってくるでしょうが、大体前月の15日から当月の15日までの間に使用した場合、次月に引き落とされます。つまり、小さな借金ということです。忘れた頃に引き落とされるので、まだ口座にお金があると油断していたら口座が空っぽになったとか、引き落とし額に足りなかったなんてことも可能性としてあります。

 

みにぃも、現在収入が入ってこない口座にお金を移動するの忘れてて引き落とせなかった事がありました。

そうすると、手数料を払ってコンビニや銀行で支払わなくてはなりません。勿体ないことをしてしまいました。

 

無駄遣いが増える

お金の無駄遣いに繋がることがあります。手元に現金が無くても物が買えたり、サービスを利用出来たりするので、必要でないものもついつい手にいれてみたくなります。

誘惑に負けそうになったら、何の為にクレジットカードを使用しているかをその都度考え直さないといけません。

これは本人の意思によるので、誘惑に弱い人はクレジットカードを持たない方がいいかもしれません。

 

 

 

 これでクレジットカードのメリット、デメリットはお分かり頂けたかと思います。

でも、クレジットカードの種類が沢山ありすぎて、正直どれを選べばいいか分からないって思いませんか?

 

クレジットカード選びの重要性

みにぃも若い頃はクレジットカードなんてどれも同じ。なんて思ってました。初めて持ったクレジットカードは何と、洋服のリボ払いをする為に店員さんに進められて作ったのでした。リボ払いの手数料無料キャンペーンの度に高い洋服をクレジットカードで借金をして毎月毎月払ってました。

 

リボ払いって一括払いと違って毎月決まった額を引き落とすからお財布には優しいイメージですが、一般的には手数料を毎回30%くらい取られちゃうので結局トータルで大損になっちゃうんです。

 

結局結婚してからは高い洋服も買わなくなり、そのクレジットカードも使わなくなりました。

今思うと、全てにおいて勿体ない選択をしてしまってました。そもそも洋服にかなり費やしていたことも悔やまれるし、クレジットカードで借金するならポイント高還元のものを選ぶべきだったし、ポイントも交換しとくべきでした。

もう、後悔の一言です。

 

そんなダメダメだったみにぃが現在メインで使っているカードは、リクルートカードプラスです。

 

しかし、現在リクルートカードプラスは募集を停止しているんです。それは、ある高還元クレジットカードの改悪(ポイント還元率の低下)により、リクルートカードプラスに一気に申し込みが殺到したためだと推測されます。

 

みにぃは募集停止の前に申し込みしてたのでぎりぎりセーフでした。

リクルートカードプラスは年会費が2160円かかります。しかし、ポイント還元が多く、何と2%です。2016年の2月分から支払い開始して、現在10月ですが、何とポイントが14,457ポイント貯まってます。つまり、14,457円です。

 

クレジットカード支払いが出来るものはすべて変更しました。電気、ガスやスマホ料金、ネット通販等、毎月の合計額は8万から10万ちょっとです。

 

現在はリクルートカードプラスの募集が停止しているならどうすればいいの?なんて思われているあなた、リクルートカードプラスがあるということは、リクルートカードもあるんです。

 

リクルートカード

リクルートカードプラスが年会費が必要なのに対し、こちらは年会費無料です。

 

みにぃは、リクルートカードプラスがJCBなので、リクルートカードはVISAを作ってます。

 

 

リクルートカードのメリット

  • 年会費無料
  • ポイント高還元
  • ポイントの交換先が豊富

 

年会費無料

これはありがたいですね。他にも年会費無料のクレジットカードは沢山ありますが、以下のメリットと組み合わせての年会費無料なので持ってて損はないです。

 

ポイント高還元

リクルートカードプラスには劣りますが、それでも1.2%の高還元率です。

年会費無料で、還元率が1%よりも越えるクレジットカードは片手で数えるくらいしかないので優秀です。

 

ポイントの交換先が豊富

リクルートカードということで、まずリクルートポイントが付きます。リクルートポイントの交換先ははっきりいって使い道がありません。(みにぃにとっては)

 

もし、ポンパレモールで買い物するよ、という人でしたら高還元です。今のところその他のサービスもみにぃには関係ないです。

 

【追記】

リクルート期間限定ポイントの使い道として模索していたらリクルートポイントでの普段使いとして勝手がよさそうなサイトがありましたので記事にしてます。じゃらんホットペッパーは特別な出費として考えてますので入れてません。

コチラです。↓

kotsukotsu-money.hatenablog.com

 

では、どうするかというと、Pontaポイントに交換しちゃうんです。

 

f:id:chip600219840228:20161112060252p:plain

 

Pontaポイントに交換しちゃったら、最後にdポイントに交換します。みにぃのスマホはドコモで契約しているので、dポイントはありがたいです。

 

f:id:chip600219840228:20161009075442p:plain

いずれも交換レートは1ポイント=1ポイントなんでそのままポイント交換出来ます。

 

dポイントだけでなく、Pontaポイントは他にもローソンはもちろん、リクルート関係のホットペッパーじゃらんなんかも使えますし、子供さんのいるママでしたら赤すぐnetも利用出来ます。反対にポイント貯めることも出来ちゃいます。

 

大きく貯めて、HISで旅行費用の足しにしたり、JALのマイレージに交換(1ポイント=0.5マイル)する。または、小出しにして、ゲオでレンタルしたり、ケンタッキーを子供たちにお土産~なんてことも出来ちゃいます。

 

節約したいけど、買い物したい人には、サンプル百貨店がオススメです。

食品を始め、美容製品や医薬品、日用品、更には電化製品がお試し価格で試せる上にポンタポイントを貯めることも使うことも出来ちゃいます。

  

年会費無料で還元率1.2%の最強カード【リクルートカード】

 

メインは決まった!ではサブカードはどうするの?

クレジットカードのサブカードについては、色んな種類を使い分けてます。

 

ネット通販は楽天を利用することが多いので、楽天で買い物する時は楽天カードです。

 

そして、今回ご紹介したリクルートカードです。リクルートカードプラスはJCBなんですが、JCBが使えない場合もあるんですね。(メルカリなんかがそうです)⇦現在使えます。

 

そんなに支払った回数は多くないですが、それでもポイントが結構ついてて驚きました。

 

みにぃが現在狙っているのは、ヤフージャパンカードです。しょっちゅうヤフオクで買い物しているのですが、商品が到着しない等の万が一の時の保険が付いているようなのです。

 

追記:申し込みして、Yahoo!ショッピングで利用中です。

 

www.kotsukotsu-money.com

 

まだまだ使いこなせてない事もあるのでしょうが、クレジットカードを上手く活用してお得に買い物しましょうね。

 

 

年会費無料で還元率1.2%の最強カード【リクルートカード】